WHO IS KRONOS?

Phillip Lapuz

米国のゴルフ製造のメッカ、カリフォルニア州 カールスバッドで育ったPHILLIP。彼はパター作りの世界に入ったのではなく、その世界の"中"で育った若きパタークリエーターの鬼才。
彼は、日本陶芸の技術にも関心を寄せ、日本の匠の精神を併せ持つ。

本質を極めようとする彼の情熱は貪欲な探求心を揺さぶり続け、彼の知識、技術をさらに昇華させる。超精密パター"KRONOS"はPHILLIPのパッションが結晶したものと言っても過言では無い。

一方、ゴルフの実力は、学生時代(高校~大学時代)はスクラッチプレーヤーでもあったアスリート。

UCSDを卒業後、日本の同志社大学、大阪大学に学び、経済学のマスターを取得。「萩焼き」を深く愛する親日家でもある。

Phillip Lapuz, Founder

Eric Williams

フィラデルフィアに生まれ、アリゾナで育ち、UCLAで学ぶ。一流のプログラマーであり、カメラアーティストとしても活躍。アーティスティックなクリエイターである。

世界的企業であるSYMANTECとINTELでソフトウエア開発に従事しながら、カメラマンとして様々な写真を撮り、世界を歩き活躍してきた。

KRONOSではアーティストとしての視点からプロダクトとブランドデザインの全般を担当。

ERICも大の親日家であり、東北大学に交換留学を経験。卒業後は徳島県、千葉県に3年ほど在住。

ERICはシンプルにこう語る。『ゴルフを現代風にアレンジし、サーフィンのように、もっと格好いいスポーツにしたい』これがERICが考えるゴルフに対する情熱である。

Eric Williams, Creative Director